小売業の海外進出と戦略 - 川端基夫

川端基夫 小売業の海外進出と戦略

Add: wiraz12 - Date: 2020-12-08 21:53:36 - Views: 6930 - Clicks: 4572

日系小売企業の海外展開と戦略 柳 純웬 第1節 はじめに 小売企業の海外進出の記述は,研究者の視点から欧米を主とした小売企業 の事象把握から始まる。その後,小売企業の海外出店・撤退研究は,1980年. 年『小売業の海外進出と戦略』で日本商業学会賞 、年『立地ウォーズ』で人文地理学会賞 、年『日本企業の国際フランチャイジング』で日本商業学会賞 、年『アジア市場を拓く』で第24回アジア・太平洋賞 、年『外食国際化のダイナミズム. 共著区分:単著 専門分野(科研費分類):商学. 海外市場の変化のメカニズムをどのように捉えるべきか、どのような市場にどのような戦略やビジネスモデルで臨むべきか、といった課題について研究しています。 年度担当授業科目(学部). 川端基夫著.

1-37 もっと見る. 川端基夫 小売業の海外進出と戦略 国際立地の理論と実態 : 川端基夫 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. カワバタ モトオ (Motoo Kawabata). 小売業の海外進出と戦略 : 国際立地の理論と実態. 小売業の海外進出と戦略 - 国際立地の理論と実態 - 川端基夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 小売業の海外進出と戦略 - 川端基夫 7:『小売業の海外進出と戦略-国際立地の理論と実態-』新評論、年。 (日本商業学会奨励賞受賞)―――日経新聞年1月書評 8:『アジア市場幻想論-市場のフィルター構造とは何か-』新評論、1999年。. Amazonで川端 基夫の外食国際化のダイナミズム: 新しい「越境のかたち」。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 基夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 20; 川端 基夫.

書評 川端基夫著『小売業の海外進出と戦略』新評論、年 jp) 愛知経営論集、第144号、年7月、71-79頁に掲載。 〔I〕 著者は本書の冒頭(4頁)で、小売業の国際化研究*1の課題として、以下の6点を示している。. ここでは,小売業の参入後の戦略について明らかにするため,イオンの海外における小売戦略を国別に分析し,考察を行っている。 イオンは1985年から継続的に海外進出を行っており,他の日系小売企業の海外からの撤退が相次ぐ中で,一線を画している。. アジア市場を拓く - 小売国際化の100年と市場グローバル化 - 川端基夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

2.小売企業の立地戦略の重要性 現代の小売企業にとって,個々の事業を展開する上で最も重要な視点は, 地域対応である。小売業の事業特性として,地域に立地する小売店舗を前提 佐賀大学経済論集第45巻第1号 ―2―. ・「書評 川端基夫著『小売業の海外進出と戦略』」 ・ 「書評 アルベルト・フジモリ著 岸田秀訳『アルベルト・フジモリ、テロと闘う』 」 ・ 「書評 山本純一著 『インターネットを武器にした<ゲリラ>反グローバリズムとしてのサパティスタ運動』」. 所属 (現在):関西学院大学,商学部,教授, 研究分野:商学,人文地理学,人文地理学,商学,小区分07090:商学関連, キーワード:アジア,外食,小売国際化,海外進出,小売業,国際化,外食産業,流通業,情報化,情報ネットワーク, 研究課題数:9, 研究成果数:80, 継続中の課題:フランチャイズ研究の新たな. 川端 基夫 略歴 〈川端基夫〉1956年生まれ。大阪市立大学大学院修了。博士(経済学)。龍谷大学経営学部教授。著書に「アジア市場幻想論」「小売業の海外進出と戦略」など。 12 形態: x, 328p ; 22cm 著者名: 川端, 基夫(1956-) 書誌ID: BAISBN:. Amazonで基夫, 川端の小売業の海外進出と戦略―国際立地の理論と実態。アマゾンならポイント還元本が多数。基夫, 川端作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 著書名:『小売業の海外進出と戦略-国際立地の理論と実態-』 出版機関名:新評論(日本商業学会賞・奨励賞受賞、年) 発行年月:年12月 著者氏名(共著者含):川端 基夫 著書種別:単行本(学術書) 著書形態:単著 記述言語:日本語.

川端基夫著, 『小売業の海外進出と戦略 : 国際立地の理論と実際』, 新評論, 年, 328頁, 3,800円 箸本 健二 経済地理学年報 47(3), 215-218,. 本研究は、これまで分析が遅れてきた専門店業態の小売業における海外進出を検討したものである。これまでの小売国際化研究では、百貨店やGMS、SM、CVS、そして専門店や外食など多様な業態の海外進出が一括して扱われる傾向がみられた。しかし、それらは品揃えの幅やメーカーとの関係など. 小売業の海外進出と戦略 : 国際立地の理論と実態 / 川端基夫著 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 新評論,. 小売業の海外進出と戦略―国際立地の理論と実態 isbn:基夫, 川端 参考価格 5,822円. 川端基夫 小売業の海外進出と戦略 優秀論文賞 高嶋克義 営業管理様式の選択に関する新視点 年 優秀賞 山本昭二 サービス・クオリティ 奨励賞 高橋郁夫 消費者購買行動-小売マーケティングへの写像 谷地弘安 中国市場参入. 12 形態: x, 328p ; 22cm 著者名: 川端, 基夫(1956-) ISBN:書誌ID: BA49684334.

川端 基夫, 陳, 静樺との 流通情報(流通経済研究所)年9月 日系外食企業の海外進出に果たすサポーティング・インダストリーの役割. 日本商業学会賞(奨励賞:『小売業の海外進出と戦略』にて) マイポータルへ. 一方、製造業に比して多くの参入障壁に直面する小売 業の海外進出について、同じ問題意識で議論されてきた研究は、Salmon and Tordjman(1989)、向 山(1996)、Goldman()、今井()、川端()、白()、矢作()などがある。. しかし、百貨店の海外進出の現状をみると、全体的に規模が縮小しており、 231 川端基夫 日系百貨店による海外ツーリスト市場戦略の再評価 欧州における新しい変化 -231-. 小売業はなぜ国境を越えるのか。 50社以上、約100人におよぶ実務家からのヒヤリングを基に、調査・研究対象の傍流とされてきた小売資本の国際進出の分析に真正面から取り組んだ意欲作。.

小売業の海外進出と戦略 : 国際立地の理論と実態 フォーマット: 図書 責任表示: 川端基夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新評論,. 論文題目名:小売業の海外進出と戦略:国際立地の理論と実態 学位授与年月:年12月 著者氏名(共著者含):川端基夫.

小売業の海外進出と戦略 - 川端基夫

email: adanupoj@gmail.com - phone:(374) 166-2759 x 7853

ボンサイダー養成講座101 - 田嶋リサ - ポースト 戦争の経済学

-> 禁じられた愛の言葉 - モディーン・ムーン
-> ギターエチュード15の最強練習曲 - 栗原務

小売業の海外進出と戦略 - 川端基夫 -


Sitemap 1

古今集延五記 - 尭恵 - ウィリアム