73光年の妖怪 - フレドリック・ブラウン

ブラウン フレドリック 光年の妖怪

Add: pabaki46 - Date: 2020-11-21 07:13:20 - Views: 3516 - Clicks: 2191

700円(内税) sold out. 地球から73光年の彼方にある惑星からアメリカに飛来した知性体という奇怪な生物。. フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』 より引用 ここで彼女が速記用のノートをもっているのを見て、彼女が学校以外の時間や休みを利用して、速記や簿記のアルバィトをやっていたことを思いだす。.

『73光年の妖怪』(ななじゅうさんこうねんのようかい、原題:The Mind Thing)は、アメリカ合衆国の作家フレドリック・ブラウンの長編SF小説。侵略テーマSFの古典のひとつである。. ブラウン フレドリック 井上 一夫 東京創元社(創元sf文庫) 年 天使と宇宙船 フレドリック・ブラウン. 「73光年の妖怪」フレドリック・ブラウン/井上一夫訳/真鍋博装(83) 200円 「宇宙の一匹狼」フレドリック・ブラウン/中村保男訳/司修装(75) 200円 「宇宙をぼくの手の上に」フレドリック・ブラウン/中村保男訳/司修装(72) 400円. 2『73光年の妖怪』フレドリック・ブラウン(1963年10月刊) 3『吸血鬼ドラキュラ』ブラム・ストーカー(1963年12月刊) (その後、帆船マークに移動。現在は創元推理文庫F) 4『トリフィド時代―食人植物の恐怖―』ジョン・ウィンダム(1963年12月刊). フレドリック・ブラウン、『73光年の妖怪』. 73光年の妖怪 フレドリック ブラウン 創元推理文庫 ♯101(ヤフオク! )は1件の入札を集めて、/11/02 21:03に落札されました。. ショート・ショートの名手で星新一にも大きな影響を与えたフレドリック・ブラウンのSF長編です。フレドリック・ブラウンのSF長編と言えば、『発狂した宇宙』と『火星人ゴーホーム』が有名です(※)が、この『73光年の妖怪』も傑作との呼び声が高い作品です。※いずれも大変な傑作です. 著:フレドリック・ブラウン、訳:井上一夫: ジャンル: ホラー: 資料形態: 書籍: 刊行日: 1963: 出版社: 東京創元社: isbn: 箱番号: 6-12: 内容: 注記:.

・73光年の妖怪 フレドリック・ブラウン 創元推理文庫 ・禁じられた惑星 ロバート・シルヴァーバーグ 創元推理文庫 ・ヒューゴー・ウィナーズ 世界sf大賞傑作選7 アシモフ編 講談社文庫. フレドリック・ブラウン 作品リスト SF長編発狂した宇宙 (What Mad Universe, 1949) 元々社・最新科学小説全集、のちハヤカワSFシリーズ、のちハヤカワ文庫SF天の光はすべて星(別題:星に憑かれた. 73光年彼方の惑星から合衆国に飛来した怪奇な生物。それは自由に他の生物に乗り移り、支配できる力を備えた恐るべき知性体だった。そいつは闇に潜み、野ねずみから人間へ、そして犬へと次々に宿主を変えていく。この姿なき敵の正体を看破して、人類を破滅から救わんとする一人の物理学. 73光年の妖怪 (1963年) (創元推理文庫)フレドリック・ブラウン感想:復刊版を再読。宇宙生物との1対1の対決!最後まで飽きさせない。1970年代ごろ一度読んだsfだったが、やはり面白かった。. フレドリック・ブラウンのsf小説 『73光年の妖怪』 を元にしているという。 彼は、 『秘密戦隊ゴレンジャー』を始めとする多くのスーパー戦隊シリーズで脚本を務めた。. フレドリック・ブラウン: 1969: 60114: 金星シリーズ3 金星の独裁者.

フレドリック・ブラウン: 出版社: 東京創元社: 出版年月: 1993年05月: 参考価格 ¥924: 頁数: 258p: isbn:: 内容 【要旨情報】 73光年彼方の惑星から合衆国に飛来した怪奇な生物。それは自由に他の生物に乗り移り、支配できる力を備えた恐るべき知性. 『73光年の妖怪』フレドリック・ブラウン 創元SF文庫. mixiフレドリック・ブラウン 作品一覧 フレドリック・ブラウン作品。 不足があると思いますので、補って下さいませ。 発狂した宇宙 SFカーニバル 天の光はすべて星 天使と宇宙船 火星人ゴーホーム 宇宙の一匹狼 スポンサーから一言 未来世界から来た男 7. ミステリの古典はそれまでにそこそこ読んでたけど、最初に買って読んだSFの本は、フレドリック・ブラウンの 『73光年の妖怪』 だった。 たぶん、中2くらいのとき。 創元推理文庫で、1964年刊の3版、定価150円。 実家が.

73光年の妖怪 <創元sf文庫> 著者 ブラウン フレドリック【著】;井上 一夫【訳】 出版社 東京創元社. 73光年の妖怪 - フレドリック・ブラウン 73光年の妖怪 (創元sf文庫) 作者: フレドリックブラウン; 出版社/メーカー: 東京創元社; 発売日: 1993/05; メディア: 文庫; クリック: 3回; この商品を含むブログ (7件) を見る. 「73光年の妖怪」 フレドリック・ブラウン 「スポンサーから一言」 〃 「天使と宇宙船」 〃 「未来世界から来た男」 〃 「ガス状生物ギズモ」 マレー・ラインスター 「地の果てから来た怪物」 〃 海外ミステリ・文庫/早川・etc. 73光年の妖怪: フレドリック・ブラウン 井上一夫: 創元SF文庫 605-06: 東京創元社: 1993/05 発売 ( 文庫・258ページ ) isbn:: 価格: 924円 ( 本体: 840円 ). 6 73光年の妖怪 (創元推理文庫) フレドリック・ブラウン 東京創元社 1984 7 きみ江さん ハンセン病を生きて 片野田 斉 偕成社 8 愛と欲望の雑談 岸 政彦・雨宮 まみ ミシマ社 9 マザーテレサ 来て、わたしの光になりなさ い!. フレドリック・ブラウンは、とりわけsfが絶品ですね。長編の『発狂した宇宙』『火星人ゴーホーム』『天の光はすべて星』『73光年の妖怪』、短編集の『未来世界から来た男』『スポンサーから一言』『宇宙をぼくの手の上に』『天使と宇宙船』など、翻訳されている全作品を読みました(30年. 【73光年の妖怪 (創元sf文庫)】に対するマーブルさんの書評です。. フレドリック・ブラウンの名前を知ったきっかけは、手塚治虫の短編集 『ショート・アラベスク』のあとがきでした。 「フレドリック・ブラウン風ショート・ショート」として紹介されている作品が どれもすごく好きだったので、いつか読んでみたいなー.

地球から73光年の彼方にある惑星からアメリカに飛来した知性体という奇怪な生物。 これは自由自在に他の動物にのり移れるという不可思議な力を備えている妖怪だった。 知性体の到来とともに、その地方に. フレドリック・ブラウン(1961年) 73光年の彼方の惑星から地球に漂着した、他の生物に乗り移り支配できる「知性体」 アメリカの田舎町を舞台に、“休暇中の天才科学者”が戦います. Category : ☆☆☆☆☆; Tag : SF. 【中古】 73光年の妖怪 創元SF文庫/フレドリックブラウン【著】,井上一夫【訳】 【中古】afb. フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』 より引用 ゴーシュはセロを床へ置いて戸棚からパンを一つまみむしって野ねずみの前へ置きました。 野ねずみはもうまるでばかのようになって泣いたり笑ったりおじぎをしたりしてから大じそうにそれをくわえて. <ハ行 フ> ロバート・ブートナー 孤児たちの軍隊 フレドリック・ブラウン 火星人ゴーホーム 宇宙の一匹狼 73光年の妖怪 天の光はすべて星 宇宙をぼくの手の上に レイ・ブラッドベリ 10月はたそがれの国.

丸目はるの魂 丸目はるのSF書評などを掲載しています。 これまでの分と年以降は、丸目はるのSF魂(改心) なお、同アーカイブで読んだ順リストになっています。 作家別、テーマ別は、タグクラウドを使ってください。. 『73光年の妖怪』フレドリック・ブラウン 創元sf文庫 /02/09 15:44. フレドリック・ブラウン 創元sf文庫 1995 62版/定価 0 B 見返しラベル剥がし痕 | | 73光年の妖怪. 内容を四分冊にしたものの第一卷。 そう云えば、わたしが小学四年生の時、小遣いで最初に買った創元文庫は「ドラキュラ」とフレドリック・ブラウンの「73光年の妖怪」だった。 短編集も文庫で幾つか読み、懐かしかった。「天使ミミズ」は文庫では「ミ. フレドリック・ブラウンはSFとミステリーの双方で有名な作家。 だから、このタイトルを見たら、まずSFだと思うだろう。 しかし、この作品はれっきとしたミステリーで、エド・ハンター・シリーズの(おそらく)第4作である。.

希望小売価格: 320円. 73光年の妖怪: フレドリック・ブラウン: 井上一夫: 1963: 719 (502-a) 吸血鬼ドラキュラ: ブラム・ストーカー: 平井呈一: 1963 〃 彼の名は死: フレドリック・ブラウン: 高見沢潤子: 1967: 323: 現金を捜せ.

73光年の妖怪 - フレドリック・ブラウン

email: jicyxifu@gmail.com - phone:(365) 203-9195 x 2766

ジーザスクライスト - 上田美和 - はぐれ長屋の用心棒 秘剣霞颪

-> 夢の時間 - 李富士子
-> ひこうぐも - 小林千恵子

73光年の妖怪 - フレドリック・ブラウン - 古今集延五記


Sitemap 1

スター・ウォーズ フォースの覚醒 - ディズニー - アジア最強の海上自衛隊の実力 自衛隊の謎検証委員会 韓国軍との比較で見えてくる